ドローンを通じた産業へのイノベーションと社会貢献

JUAVACコンソーシアムは、「ドローンを使った社会貢献」という理念を掲げ、さまざまな事業会社から構成されています。ロボット工学、ビッグデータ、などの技術革新による第四次産業革命について研究開発を行うとともに、ドローン利用促進とその成果のビジネスモデル構築を目指します。
当コンソーシアムでは、アライアンスパートナーとともに、各種共同研究を実施。そこでの成果をビジネスモデル化した上でUAV利用促進を図り、各事業体との共同研究やコラボレーションを積極的に推し進め、参画企業全体の事業発展と拡大に寄与しています。

JUAVACコンソーシアムの主な活動

密漁監視抑止・スマート港湾管理システム

ドローンはその機動性に加え、自動航行や高精度センサーの搭載による高いデータ収集能力を有しています。さらに、人工知能(AI)による高度画像解析技術と融合することで、新しい運用性能と利便性をご提供いたします。

物資輸送とオンライン診療の実証実験

近年では中山間地域に居住する高齢者などは、人口減少や少子高齢化が進み、食材買出しや病院への通院などへの不安を抱える方が増えています。ドローンによる物資輸送と荷受者の健康状態確認も担うドローン物流システムの構築で、人口減少や高齢化による労働力不足への対応や、山間地域における新たな産業の発展に繋り、地域住民の生活の質の向上を目指します。

スマート農業支援事業

ドローンを活用した農薬散布

これまで、作物への農薬散布は人力で行うか、無人ヘリコプターを利用してきました。広大な敷地を人力で整備することは過酷なうえ、効率も良いとは言えませんでした。農林水産省がドローンの普及を促進し、生産効率を高めようと「農薬を散布する小型無人飛行機(ドローン)操作の認定制度」をスタートさせました。栽培環境の自動制御や自律的な環境対応などの先進技術により作業の効率化とコストダウンなど有効な手段として、大きな期待が寄せれています。

ソーラーパネル点検

トータルソリューション

赤外線カメラを搭載したドローンを太陽光パネルを上空から撮影して発電の異常などの不具合を生じた可能性のある太陽光パネルを効率的に特定。熱分布の画像を取得して分析し、マイクロクラック、スネイルトレイル、堆積物の検出等、報告書を作成。